ホーム 「日建連・JSCA共同WGによる鉄筋コンクリート造配筋標準図」公開のお知らせ

「日建連・JSCA共同WGによる鉄筋コンクリート造配筋標準図」公開のお知らせ

「日建連・JSCA共同WGによる鉄筋コンクリート造配筋標準図」公開のお知らせ 修正 コメント 削除
JSCA事務局
2020/06/01

JSCA会員各位
                                                                                                                  2020年6月1日
                                                                                                                JSCA技術委員会


「 日建連・JSCA共同WGによる鉄筋コンクリート造配筋標準図 」 公開のお知らせ

鉄筋コンクリート造配筋標準図は設計者ごとに作成しています。そのため、各々の現場は配筋標準が異なり、鉄筋工事において配筋の誤り等が発生することがあります。そこで、鉄筋工事における混乱等を減らすために、一般社団法人日本建設業連合会(以下日建連)は2012年に鉄筋コンクリート造配筋標準図を作成しました。この度、より幅広く利用されることを目的とし、日建連とJSCAでは鉄筋コンクリート造配筋標準図作成共同WGを立ち上げ、それぞれ異なる立場で議論を重ねながら改定作業を行ってきました。
日建連配筋標準図2012年版は、定着長さ・継手長さなど配筋標準図の統一化が中心でしたが、今回の改定では、詳細な配筋の説明を中心に修正し、配筋標準図の利用者からの追加依頼、鉄筋工事現場からの追記要望などを取り入れました。改定内容の概略は以下の通りです。

・設計者、施工者の誤解を招きかねない表現を、より分かりやすい形式・文章に修正
・日建連配筋標準図2012年版に記載がなかった現場で多く用いられる配筋要領を追記(「あき重ね継手」、「片持ち大梁(最上階)」、「片持ちスラブ」、「単独円形小開口」、「スラブ開口部が柱または梁に接する場合」など)

今後は、設計者・施工者の共通の標準図として普及を図り、実現場における配筋の誤り低減、設計者および施工者の負担軽減、建設工事の迅速化、ならびに施工品質の確保に貢献できると考えています。
本鉄筋コンクリート造配筋標準図は、「公共建築工事標準仕様書(建築工事編)」(国土交通省大臣官房官庁営繕部監修、公共建築協会)、「鉄筋コンクリート構造計算規準・同解説」(日本建築学会)、「建築工事標準仕様書・同解説JASS5鉄筋コンクリート工事」(日本建築学会)、「鉄筋コンクリート造配筋指針・同解説」(日本建築学会)を参考にしています。


利用の方法については、JSCAのホームページ経由で、もしくは直接、日建連ホームページの出版物のコーナーからダウンロード(無償)が可能です。なお、本配筋標準図に対する質疑対応は窓口を設け、Q&Aを公開する予定です。


※日建連ホームページの出版物のコーナーからのダウンロードはこちらから
[https://www.nikkenren.com/publication/detail.html?ci=323]




ホーム 「日建連・JSCA共同WGによる鉄筋コンクリート造配筋標準図」公開のお知らせ
PAGETOP